シアリスを有効的に使おう

用量の違いは効果の「持続時間の違い?」「強さの違い?」

シアリスの違い

こちらではシアリスの特徴とまた上手な使い方などより詳しく説明していきます。シアリスはイーライリリー社という製薬メーカーから、5mg・10mg・20mgの3種類、販売されています。初めて薬を使用するとなると用量は気になりますよね。用量の違いにより効果の副作用の現れ方も変わってくると思いますし。そこでシアリスの用量の違いでどう効果があるのかを調査しました。

調査の結果は5mg→10mg→20mgと用量が多くになるにつれて服用3時間後の血中濃度が高くなるようです。血中濃度は効果に比例するのでより多い用量の方がより強く、より長い持続時間をキープしてくれるという事になります。用量の違いでの効果の平均持続時間は5mgで16時間、10mgで24時間、20mgで36時間となります。つまり用量が多いほど強さも長さも増加すると言う事です。副作用もまた用量により比例しているようです。患者によってですがシアリスの効果が3~4日間ほど持続したという報告もありました。

シアリスはこんな人に向いてます。

シアリスの向いている人

薬が合う合わないは個人差などあるかとは思いますが、薬の効能、効果などによって使い分けるというのも賢い使い方だと思います。例えば旅行や1日デートなど旅行など時間に余裕のある人はシアリス(20mg)を使うのが有効的でしょう。金曜の夜から服用したとして日曜の朝まで効果が持続してるんです。性行為なんていつ始まるか正直、予測不能です。予定はあくまでも未定です。とりあえずシアリス(20mg)を服用していればいつでもスタンバイOKという事です。

平日の夜にデートがあるという時、次の日まで効果を残したくないという人はシアリスの(10mg)を前もって昼間に飲んでおけばいいでしょう。用量に合わせたシアリスの使い方をしてみるのも良いかと思います。そして前にも書きましたがシアリスは食事、アルコールの影響を受け難い薬なのであらゆる状況にも対応します。神経質になる必要はありません。

自分に合った治療法ができる

>自分に合った治療法が

このように目的に応じて薬を使い分けるのもいいかとは思います。自分の目的に合った薬を購入してEDの治療をするのが良いでしょう。通販サイトではシアリス、バイアグラジェネリックも豊富に取り扱っているので安く購入できます。ただし自己判断で用法用量を変えるのは副作用が強く出たりなどの危険がありますのでいけません。決められている用法用量は守り正しく使いましょう。